僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

英検・TOEIC・TOEFL!英語力を上げるには英検が一番良い理由(比較図あり)

f:id:kei-lmnop:20160601093625j:plain

3月からアメリカ留学に行く方と話していたときのこと。 「出発までに、英語の勉強のために英検2級を取ります」と言っていた。

僕は思わず、「えっ?英検?TOEICじゃなくて?」って聞き返したのですが、英検を受けるそうです。 英語を勉強するなら、TOEFLもあるのになーと思いながら、その場では話を聞いていました。

帰り道、なんで英検なんだろうなって考えて、家に帰ってから色々調べていたら、英検を選ぶのも納得な理由がありました。

理由①:スピーキング/ライティングを鍛えられる

1つ目の理由は、級にもよりますが、スピーキング・ライティングのテストがあることです。 (2級はスピーキングのみ、準1級・1級はスピーキング・ライティングの両方) これはTOEICの試験にはない項目なので、英検を受ける立派なメリットと言えると思います。

実を言うと、TOEICにもスピーキング・ライティングをテストする「TOEIC SWテスト」というものがあります。 僕も留学後に受けたのですが、まあ就活中も全く見られませんでした(笑) そして、普通のTOEICとは別に受験料を払う必要があるので、TOEICにはスピーキング・ライティングがないと言っていいと思います。

日本人が苦手なのに、最も留学先で必要な能力はスピーキング・ライティングなのです。 なぜなら、ディスカッションやディベート、論文などのレポートが課題として頻繁に出てくるから。 これを乗り越えない限り、現地で単位を取得することは困難です。

そういう意味でも、英検はこういった能力を伸ばすいい目標になると思います。

理由②:TOEFL1回分で、約3回受検できる安い受検料

「スピーキング・ライティングはTOEFLにもあるやん!」って言われそうですが、確かにその通り。 でも、TOEFLと比べて英検が優れているのは、受検料の安さ

1回の受検料はTOEFLはUS$230なので、日本円だと23,000円くらい。 英検は2級は5,000円、準1級は6,900円、1級でも8,400円! 一番高い1級でも、TOEFL1回分の金額で、英検を大体3回受けられちゃいます(笑)

受験料・費用 | TOEFL iBTテスト申込の前に | TOEFLテスト日本事務局

受験案内 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

留学に行く前は何かと出費を抑えてできるだけ節約したいもの。 英語の勉強をするのだって、安く済ましたいですよね。 コスパを考えたら、3回も挑戦できる英検はかなりお得だと思います。

番外編:実は英検で留学だってできちゃう!

これはおまけですが、実は英検を留学の際に必要な語学力の認定書として活用できます! 要は英検で留学することだってできちゃうんです!

認定校の数はまだまだ少ないですが、アメリカ・オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで使用することができる学校があります。 英検のホームページでアメリカの認定校を調べることができます。

英検留学 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

f:id:kei-lmnop:20160601093755j:plain

まとめ:TOEICよりもTOEFLよりも英検がおすすめ

最後に分かりやすくこんな表を作ってみました!

f:id:kei-lmnop:20160601093814j:plain

TOEICは安いけど、スピーキング・ライティングがない。 TOEFLはスピーキング・ライティングもあるけど、高い。 英検は、スピーキング・ライティングもあって、TOEFLより安い。

つまり、留学前の英語の勉強は、TOEICでもなく、TOEFLでもなく、英検がおすすめなのです!