僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

海外に飛び立つ人へ贈る、おすすめの餞別

f:id:kei-lmnop:20160606102457j:plain

僕の周りの人たちが最近、次々と海外に飛び立っていきます。 それは弟だったり、大学時代の友人だったり、会社の先輩だったり。 それをすごく嬉しいと思う一方で、やっぱり羨ましいっていう気持ちもあります。 ああー早く海外行きたい・・・。

それはひとまず置いておくとして。 やっぱり海外に行くっていう人には何か餞別をあげますよね。 ということで、僕が実際にあげて喜んでもらった物や自分がされてすごく嬉しかったものをご紹介します。

Kindle Paper White

f:id:kei-lmnop:20160606102457j:plain

Amazonが出している電子書籍が読める端末です。 これは海外に住むことになった友人と留学をする弟にあげたのですが、どちらにもすごく喜ばれました。 やっぱり海外に暮らしていると、日本語が恋しくなるです。 ネットがある今はYoutubeとかいくらでも見れるのでテレビとか映画は見れたりするんですが、 読書好きの僕が一番困ったのが日本語の本を読めないことでした。

留学中に住んでいたシドニーは都会なので紀伊國屋があって買える環境はありました。 でも何せ高い。日本で売っている雑誌とかが3倍くらいするわけです。絶対買いません(笑) なので、時々家族に荷物を送ってもらうときに、文庫本とかを入れてもらっていました。

でも、Kindle Paper Whiteがあればそんなこともしてもらわなくていいわけです。 読みたい本が電子書籍になっていなかったりということもあるらしいですが、それを差し引いても 喜ばれるプレゼントだと思います。僕自身も欲しいです(´・ω・`)

日常で使うもの・身に着けるもの

f:id:kei-lmnop:20160606102531j:plain

日常で使うものだったり、身に着けるものも嬉しかったりします。 僕が留学に行くときに、中学から仲が良い3人が腕時計をプレゼントしてくれました。 2~3万円するような結構高価な物だったのですが、お金を出し合って買ってくれました。 まさかそんないいものをもらえるとも思っていなかったし、プレゼントがあるなんて思わなかったので すごく嬉しかったことを今でも覚えています。 その腕時計は留学中もずっと身に着けていて、それを見るたびになんか身が引き締まるような感覚になりました。

他にはペン、万年筆なんかもいいと思います。 今は簡単にその人の名前を彫ったりできますので、オーダーメイドも気軽にできます。

寄せ書き・手紙

f:id:kei-lmnop:20160606102542j:plain

やっぱりこれには勝てないです。 電子メールとかも嬉しいですが、直筆の寄せ書き・手紙に勝るものはないです。 友達とは好きな本とかおすすめの本にメッセージを書いて、渡したりしたこともあるみたいです。 こういうものをもしもらえたら、絶対持っていきます。 そして、辛くなったときとかに見返して勇気をもらったりします。

まとめ

プレゼント選びは悩みますよね。 でも悩みながら買ってくれたものは何であれ、もらう人にとっては嬉しいものです。 参考になれば幸いです。