僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

画像の説明
画像の説明
画像の説明

A.青年海外協力隊

※募集終了【#polca】2年間、青年海外協力隊として支援したラプシーキャンディをプレゼントします

僕が青年海外協力隊として活動で取り組んだラプシーキャンディの販促。そのラプシーキャンディを沢山の人に食べてほしいので、今回プレゼントすることにしました。かかるのは送料だけ!期間限定ですのでぜひ!

「自分の国の問題は自分たちで解決する」これからの国際協力の形とあり方

クラウドファンディングを使った国際協力に抵抗がある僕。そんな僕が思わず、寄付してしまった国際協力系のクラウドファンディングがありました。その理由を探ったら、これからの国際協力の形が見えてきました。

青年海外協力隊が終わり無事帰国!2年間、応援ありがとうございました!

2年間の青年海外協力隊としてのネパールでの生活を終え、無事日本に帰国しました。2年間の応援に本当に感謝しています。その想いを綴ってみました。

いよいよ明日。青年海外協力隊として、2年間のネパール生活が終わる前に思うこと

いよいよ明日。日本に帰国します。この2年を振り返りつつ、今の自分が思うことを赤裸々に書いていきます。

【キャラメル物語~最終話~】念願の「0から1」が生み出したモヤモヤ感と希望

大好評だったキャラメル物語の最終話。僕自身にとっても念願だった「0から1」を実現させたのですが、モヤモヤしています。その辺の心情を本音で語っていきます。

”あげる”より”もらう”!ボランティアの必要性と発展途上国支援のあり方

ボランティアっていうと「やってあげる」ことだと思うじゃないですか。でも途上国におけるボランティアの場合、「やってあげる」よりも「やってもらう」方が大事なんですよ。その理由を紹介していきます。

「風の人」と「土の人」?青年海外協力隊の存在意義を120%最大化する3原則

青年海外協力隊の存在意義は「風の人」であること。国際協力に携わるなら必ず知っておきたい「風の人」と「土の人」の話に触れながら、協力隊の存在意義を最大化させてくれる3原則を紹介します。

青年海外協力隊の帰国後の進路。「とりあえず就職」で本当にいいの?

青年海外協力隊として、途上国で2年を過ごした後、わざわざ面白みに欠けるつまらない選択肢を選ぶのはやめませんか?「とりあえず就職」からの脱却をすすめてみませんか?

【キャラメル物語~第13話~】号泣。僕はキャラメルおばちゃんを変えることができない

キャラメルづくりを襲ったピンチ。そのピンチを乗り越えようとする中で、僕は号泣してしまいました。そして、物凄く大事なことに気づくことができました。「僕はキャラメルおばちゃんを変えることができない」。その真相とは

【寄稿】なぜ社会不適合者のぼくが青年海外協力隊になったのか?

協力隊になる理由なんてなんでもいい。別にポジティブであろうが、ネガティブであろうが、なんだっていいんです。そんなことを教えてくれる記事を寄稿していただきました。変わり者なら一読必須です!

【寄稿】青年海外協力隊に応募しようか迷っているあなたへ。

「なぜ協力隊になるのか」「なぜ2年間も途上国で過ごすのか」そんな協力隊への原体験をアツく語ってもらいました。これから協力隊に応募しようか悩んでいる人は必見です。

「プレゼント上手になれ!」成果を残す青年海外協力隊のたった1つの共通点

青年海外協力隊として成果を残す人。そんな人たちの大きな共通点が「プレゼント上手」であることに気がつきました。成果を残したい人はもちろん、活動に迷い、悩んでいる人は必見です。

要チェックや!これから青年海外協力隊になる候補生ブログ3選

これから青年海外協力隊になるおすすめのブログを紹介します。個性が溢れる感じのブログが揃っていて、「要チェックや!」と言いたくなったので書きました。

青年海外協力隊に応募するなら、斎藤工さん「いつセカ」はもう見たよね?

大人気俳優・斎藤工さんがマダガスカルまで行って、青年海外協力隊を紹介したテレビ番組。これが協力隊志望者にぴったりな中身になってます。Youtubeでも見れて超おすすめ!内容を紹介していきます。

帰国まで3ヶ月。切なくて苦しくて「帰ってきたドラえもん」みたいだ

帰国までの残り3ヶ月。嬉しくもありつつ、悲しくもありなんだか複雑な心境で毎日を過ごしています。

「途上国」という呼び方は差別的?本当の問題はそこじゃないよ

先進国に対して、経済が発展中である国々を指す「途上国」という言葉。この言葉って差別的ですか?思うところを書いてみました。

【キャラメル物語~第12話~】事業存続危機から一転!新パートナーとの再スタート

大好評のネパールのおばちゃんとのキャラメルづくり。今まで頑張ってきたパートナーのおばちゃんが辞めてしまうことになってしまいました。果たしてどうなるのか?

青年海外協力隊の合格者へ。参加する前に今一度考えたい3つの問いかけ

「青年海外協力隊に本当になるんですか?」参加するための書類にサインする前に、もう一度考えておきたい3つのことを紹介します。

大丈夫。君がそこで生きていたっていう「証」は絶対消えないから

青年海外協力隊の同期が任期を短縮して帰国しました。突然のことで本当に驚きの出来事。それを受けて、僕の想いを赤裸々に書いてみました。

お金持ちになりたい?なら青年海外協力隊でボランティアしたらいいよ

なぜ2年間、途上国でボランティアをすることがお金持ちになる手段になるのか。意外ですが、ちゃんとつながっているんです。その理由を紹介していきます。

【キャラメル物語~第11話~】販売好調。でも僕はたった1つの家庭も変えられない

大好評の連載。村のおばちゃんとのキャラメルづくり。販売好調なキャラメルですが、ここに来て存続を問われる大きな問題が。その問題とは?

【キャラメル物語~第10話~】ネパールNo.1お土産店で販売開始しました!

大好評のキャラメルづくり。やっと販売開始をすることができました。しかもお店はあのネパールNo.1お土産屋さんです。

協力隊OBが任地へ帰ったら「名前だけが残った」と知った。僕はもう悩まない

引用:JIBURi.com

【キャラメル物語~第9話~】遂に完成。必要だったのは「知識」じゃなくて「本気」だった

大好評のキャラメルづくり連載企画、果たして最大の壁である品質問題を解決できるのか。

青年海外協力隊がアジアのノーベル賞を受賞して僕は悩んでいる

アジアのノーベル賞である「ラモン・マグサイサイ賞」を受賞した青年海外協力隊。でも僕はこの受賞をきっかけに悩み出しました。その理由とは?

【キャラメル物語~第8話~】品質問題を解決!?キャラメルの作り方をもう一度学んでみた

大好評のキャラメル物語。品質問題をなんとかするべく、もう一度キャラメルの作り方を学んでみました。

青年海外協力隊でボランティアしたら、金稼ぎへの「汚さ」がなくなった理由

「金稼ぎ=汚い」?僕も日本にいたときはそう思ってましたけど、ネパールでボランティアしたら一切なくなりました。むしろ「金稼ぎ=尊い」です。その理由を紹介します。

ネパールの人に「日本に行きたい」って言われると泣きたくなるんだ

海外の人に「日本に行きたい」って言われると嬉しかった。でもネパールの人にそう言われると泣きたくなるんです。その理由とは?

青年海外協力隊になるには?現役隊員がこれからなりたい高校生に贈る5つのアドバイス

「青年海外協力隊になりたいんだけど、今何をすべきか分からない!」そんな高校生のために、現役隊員の僕が5つのアドバイスを贈らせていただきました。

人生で大切なことは「それでも運命にイエスという。」が教えてくれる

向井理さんが主演で映画化された「僕たちは世界を変えることができない。」 。 平凡な大学生たちがカンボジアに学校をつくるという実話をもとにした話。 その原作者である葉田甲太さんの2冊目の本が素晴らしいんです。